24歳の時、私は結婚した。

しがないサラリーマンをしており、毎日残業、会社帰りには近くの飲み屋で酒を飲む日々だった。

いつもは興味のないマッサージに、なぜかその日は行きたくなり、運命の出会いがあった。

中国人女性がマッサージをしてくれた。

とてもかわいかったのでその日からそのマッサージ店に通い、3か月後にはプライベートで会うまでになっていた。

1年後、結婚することになった。

なんという運命なんだろう、まさか自分が外国人と結婚するなんて、運命の赤い糸というものはあるものなんだ、と感じた。

結婚後、やはり文化の違いから、喧嘩をすることが多々あった。

例えば、彼女は遺失物を警察に届けず、自分のものとしてしまったり、保険証をほかの友達に貸そうとしたり、そのたびに注意し、喧嘩になっていた。

結婚して4年がたった時、別れよう、という話になった。

その時はまだ彼女のことが大好きだった、赤い運命の糸で結ばれた人は一人だけしかいない、彼女だけなんだ。

でも運命は無常、説得もむなしく、彼女と離婚することになった。

私は一人で区役所に離婚届を出しに行き、受理された。

そこから1か月はかなりふさぎ込んでいた。

食欲もなくなり、体重も落ちた。

でも時間というのはすごいもので、私の心の傷を癒してくれた。

その後、別の女性と付き合うことになった。

その時に思った。

なんであいつと結婚したんだろうって。

その時は運命の赤い糸だと思った彼女、今となっては何とも思わない。

結局、運命の赤い糸は1本ではない。

何本もあり、その中から近くにいる女性、出会いのある女性を選んでいるだけなんだ、と悟った。