離婚準備を進めた原因は旦那の金遣いです。しかしそうは言いましても、金遣いが荒いわけではないのです。ド派手なぐらいの金遣いの荒さだというわけではなかったのですが、しかし分相応な金遣いはしていましたね。収入はそこそこ、というより同年代の収入よりは少し多いぐらいだったと思います。ただ、収入相応の生活をしているわけではなく、収入に見合わない見栄をはりたいようで、それでよくもめていました。

当時、私たちには子どもがいなかったものですし、それに私も働いていました。それで私の給料は食費ぐらいで、他は旦那が全部出していました。ですから、私はそれほど生活が苦しくないと思っていたのです。けれど、もう予想できるかとは思うのですが、旦那に借金があったのですよね。「借金」というとヘビーな感じはしますけれど、まあクレジットカードの借金ですね。

分不相応にお金を使ってしまいますので、クレジットカードの返済が追いつかなくなり、それで結局「借金」となったのです。クレカの支払いというとライトな感じがしますけれど、実際は「借金」ですよ。それでやはり価値観が合わないということで、結局離婚に至ったのです。価値観の不一致というやつです。でも早めに手を打って良かったと思いますよ。子どもがいたらお金はますます必要なのに、元旦那のお金の価値観ではたまりませんからね。