金銭問題で両親が離婚することになりました。片側からの要求だったので、相手がなかなかサインせず、困っていたのを目の当たりにしています。

 

子供である自分は既に独立していたのですが、離婚届を置いて家を出た親の双方から「離婚届にサインを貰えなくて困っている」「離婚にあたり話し合いをしたいのに家を出ていってどこに言ったかわからない」と連絡があり、自分の親のことではあるものの、「巻き込まないでくれ」と強く思ったことを覚えています。

 

金銭的な負担を強いられていた方を味方したいと感じましたが、どちらと連絡をとっても巻き込まれてこちらに来られては困ると思い、どちらにも返事をしない・電話がかかってきても放置しました。

 

結局弁護士さんを通じて話し合いを行い、家を出ていった後は本人たちは会うことなく離婚することになったそうです。

 

修羅場になるよりこの方がよほど良いでしょう。とても苦労をかけたと思いますが、弁護士の方には感謝しています。

 

もちろん、子供にでてきてくれというような連絡はなく、自分自身は弁護士さんに会うこともなく両親の離婚が成立しました。